人生の夏休み 〜ロンドン駐夫の記録〜

「どうも、キャリアウーマンです」なワイフにライフを激しくコントロールされまくる、日々をまったり過ごしたいアラフォー終わりかけの中年男子です。 職場の理解も快く得られ、晴れて休職。子供(姉・弟)と共に、妻の転勤、駐在に帯同する形で地球の裏側まで引っぱられ、ただ今初めての駐夫・専業主夫を経験中。 ほぼ同内容のInstagram【ID : @pondotaro】をこちらで清書。渡英前の事なども順不同でつぶやきます。

渦中の訃報

なんともショッキングな訃報。 

 

f:id:pondtaro:20200331052321j:plain


感染を聞いたとき、この結末を予想した人も多かったと思うけど、それが現実になってしまい本当に残念。日本だけでなく他国のメディアでも報じられていて、英国のメディアにも記事があった。


8時だョ!全員集合は幼少の頃、毎週楽しみにしていたのだけど、番組名を把握したのはしばらく経ってからのことで、土曜日になると

「シムラ見たい!シムラ!」

と言っていたのをよく覚えている。


当時の私は番組を見たいというより、ただ「志村けん」を見たかった。
自分はいわゆる「志村世代」。つまり、「志村けん」を見て育った世代。
だから、やはり訃報に対するショックは他の世代と比べても大きいのかな。。。
などと、最初は思ったのだけど、この人の番組を見ないで育った世代の日本人なんて、もうほとんどいないわけで、感染を知ってからこの訃報までがあっという間であり、本当に多くの人が衝撃を受けた突然のお別れだと思う。

 

志村どうぶつ園の台湾ロケで、私の母校の台北日本人学校にサプライズ訪問した回があった。体育館にいた生徒たちの前に突然現れた志村けん。2017年当時、小学校高学年の生徒達は大喜びしていた。本当に多くの世代に愛された偉大なコメディアンだと思う。


著名人の方々のコメント、ニュース記事やその書き込みなど見ていると、本当に目頭が熱くなる。


少し前、YouTubeでドリフのコントを子供たちに見せたところ、大爆笑していた。世代も時代も関係ない。ただひたすらバカバカしく面白い。
本当に残念。ご冥福をお祈りします。

 

https://metro.co.uk/2020/03/30/japanese-comedian-ken-shimura-dies-aged-70-coronavirus-12476543/

 

f:id:pondtaro:20200331052326j:plain

f:id:pondtaro:20200331052311j:plain

f:id:pondtaro:20200331052314j:plain

f:id:pondtaro:20200331052317j:plain

f:id:pondtaro:20200331052308j:plain


[ENG SUB] Shimura Ken - First Time on a Plane (Skit)

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村ランキングサイトへ飛びます)